庄屋さんのきくらげの美味しい食べ方

庄屋さんのきくらげラー油入りのピリ辛味、細切りきくらげに薄くスライスしたニンニクを辛〜い唐辛子とラー油で絡めた辛味とコリコリ食感がたまりません。中華料理のトッピングや隠し味に、そしてご飯のお供やお酒のつまみに最高ですが、ここでは「庄屋さんのきくらげ」を利用したおいしいお料理を紹介します。 庄屋さんのきくらげの食感をお楽しみください。



韓国でポピュラーなチャプチェに庄屋さんのきくらげが最高
韓国でポピュラーな春雨チャプチェ、そもそもお祝いの席や多くの客を招く際などに作られる伝統的な前菜で、宴席料理でもあるそうです。それにチャプチェをご飯の上に盛ったものを「チャプチェパプ」といって、大衆食堂や中華料理店の定番メニューだそうです。このチャプチェに庄屋さんのきくらげを混ぜると細切りきくらげに薄くスライスしたニンニクと辛〜い唐辛子とラー油で絡めたきくらげでこりこりした食感ピリ辛がとても美味しくチャプチェが一段と美味しくなります。
チャプチェの作り方は、材料の牛肉は食べやすい大きさに切りピーマンはヘタと種を取り縦に細切りにし、にんじんも皮をむき、斜め切りにしてから細切りにしてしいたけは軸を取り、縦に細切りにします。 合わせ調味料:しょうゆ、砂糖、みりん、酒、白ごま各大さじ2、にんにく、しょうが(すりおろし各1かけ分)を混ぜておきます。フライパンにごま油を熱し、にんじんとピーマンとしいたけを炒め塩・黒こしょうをふって混ぜ、バットにあけておきます。同じフライパンにごま油を入れ、熱して牛肉を炒め合わせ調味料を加えて、バットにあけておきます。春雨は袋の表示通りにゆでて水で洗い、ざるにあげて水けを良くきってボールに入れ、塩、黒こしょう、ごま油(各少々)をふり混ぜ合わせ、牛肉をタレごと加えてからめ、にんじん・ピーマン・しいたけを加えてからめ、最後に庄屋さんのきくらげをからめて出来上りです。

ナスとピーマンの味噌炒め(辛)
ナスとピーマンは食べ安い大きさに切ってナスは塩をふって水につけてアクをとり、ザルに開けて水を切っておきます。フライパンに胡麻油を惹いてナスを炒めてしんなりとしたらピーマンを加えてさっと炒めて味醂を入れ、砂糖大さじ1味噌大さじ2を入れて全体にからまるように炒め甘めの味噌炒めを作ります。そこに庄屋さんのきくらげを混ぜると甘味の中にピリ辛がとても美味しく食べたら病みつきになりますよ。

酒かすチュウニャン+庄屋さんのきくらげ入り麻婆豆腐
麻婆豆腐に酒粕チュウニャンを少し入れると、自然な甘さが出て上品な味になり、庄屋さんのきくらげを足すとこりこりとした歯ごたえと細切りきくらげに薄くスライスしたニンニクと辛〜い唐辛子とラー油で絡めたこりこりした食感とピリ辛が加わりとても美味しくなります。
100グラムの豚ひき肉をフライパンに油をいれて良くかき回して炒め、そこにみじん切りの人参、椎茸をいれトウバンジャン、テンメンジャンと酒粕チュウニャンを入れてまた炒めます。そこに豆腐をいれて酒としょうゆで味を整え水溶き片栗粉を少しずついれてねぎみじん切りを足してぐつぐつ煮て、そこに庄屋さんのきくらげをのせてできあがり。

サバの味噌煮にトッピング
サバは表、裏ともしっかり熱湯をかけ臭みが残らないように熱湯でしっかりと霜降りにし、しょうがは薄切りにしフライパンにたし汁100ccと酒味噌大2と酒かすチュウニャンの調味料類を全て入れ、強めの中火でぐつぐつなったら、中火にし、味をみてサバとしょうがを入れる。蓋をして、時々煮汁をかけながら煮る。皿に盛り付け、煮汁をかけて、庄屋さんのきくらげを添えれば出来上がりです。庄屋さんのきくらげは、甘味のあるサバの味噌煮に辛みをつけて味のポイントになりこりこりとした食感が楽しめます。

ピリ辛チャーハン
残ったご飯を暖めてネギと椎茸を刻んで卵をいれて塩コショウした炒めた焼き飯に細切り、きくらげに薄くスライスしたニンニクと辛~い唐辛子とラー油で絡めたきくらげがこりこりしてとても美味しい庄屋さんのきくらげをいれるとピリ辛の美味しいチャーハンになり、食欲が増し、とても美味しいです。

広東料理「庄屋さんのきくらげ入り八宝菜」
細切りきくらげに薄くスライスしたニンニクを辛〜い唐辛子とラー油で絡めた庄屋さんのきくらげがこりこりしてとても美味しいんてす。八宝菜にいれてみたのですが、庄屋さんのきくらげが一段と美味しかったです。八宝菜は,豚肉,茹でたたけのこ、ピーマン、にんじん、白菜、チンゲン菜、ニラ、きぬさやなど冷蔵庫にある残った野菜何でも入れて炒めて、ごま油を廻りに少し味付けで入れ、醤油・酒・生姜・塩を入れて片栗粉でとろみをつけて作る八宝菜は、広東料理の代表的な一品ですね。これに庄屋さんのきくらげを入れると一味違う美味しさになるのです。

キノコを使った味噌マヨサーモンのホイル焼き
マヨネーズと味噌を混ぜておき、サーモンにたっぷりつけて、それにタマネギのスライス、椎茸、エノキ、シメジ等お好みのキノコを沢山入れてそれに、きくらげに薄くスライスしたニンニクを辛〜い唐辛子とラー油で絡めて最高の味の庄屋さんのきくらげを入れて出来上り。

えびマヨ炒め
えびは殻をむき、背に切れ込みを入れ背綿を取り除いてから酒をふって下準備をしておきます。そしてボールに卵白、えび、片栗粉を入れ、塩・こしょうを加えてよくもみ込んでおきます。キャベツ、椎茸、えのきを一口大に切ってサラダ油で炒めて、少しいたまったら、下準備しておいたえびを入れて炒め合わせます。そこにマヨネーズと生クリーム大3をいれて醤油大1、塩、コショウと庄屋さんのきくらげを加えて出来上りです。マヨネーズの甘味とピリ辛の庄屋さんのきくらげが絶妙な調和です。

庄屋さんのきくらげでトッピング
庄屋さんのきくらげをお料理にトッピングしてみました。左から、お鍋の薬味・おから・野菜炒めの隠し味・ラーメン・カルボナーラ。