庄屋さんののりの美味しい食べ方

庄屋さんののり(ネギ入り)ご飯に乗せるのが最高ですが、ここでは少し変わった食べ方を紹介します。



◆ お雑炊やお茶漬けには絶対入れてください、大人の味になります。
◆ 鍋物には必需品です。お鍋に入れても良いし、漬け汁の方に少し加えても味が引き立ちます。
◆ 麺類には少しスープに溶かし入れましょう。カップ麺等に入れると、味がぐっと引き立ちます。
◆ カレーには仕上げで少し加えます。風味がぐっと良くなりますよ。
◆ ポン酢には少し溶かし加えてください、辛いけど美味しいですよ。逆に「庄屋さんののり」にゆずやカボスをしぼって味ポンを作るのも最高です。
◆ 実はスパゲッテイソースにほんの少し隠し味としていれると、かすかに和風になり年配の方でも美味しくいただけます。同様にシチューやスープにもほんの少し加えると味がぐっとしまります。

「庄屋さんののり」は辛いので分量には気をつけてください。
シャキシャキふきとピリ辛冷や奴
ふきは、表面の固い皮があるので、まず鍋に入る長さに切って、かるく塩をふり、まな板の上で転がすようにこすります。繊維がもろっとしてはがれてきますから、そのまま沸騰湯でゆで、氷水にとって冷まし、両端から皮をむきます。鍋に精進だし汁と塩(小さじ1)を入れ火にかけ、3cmくらいの長さに切りそろえておき、鍋のだしが沸騰してきたら、切りそろえたふきを太いほうから入れていき最後に落としブタをして、煮え立ちましたら、薄口醤油(大さじ1)を入れて薄味に仕上げます。そして火からおろして冷まします。シャキシャキとしたふきの歯ざわり、ほろ苦さ、香りを楽しめます。これに冷や奴をそえて平水の薬味ねぎ入りの庄屋さんののりを添えると格別です。

焼きタケノコにピリ辛庄屋さんののり
わかめの吸い物は、茹でたタケノコを薄切りにして鍋にだし汁と薄口しょうゆ、塩を加え、火にかけます。温まってきたら生わかめを入れます。これで、一品、簡単でしょ。次は、茹でたタケノコを薄く切ってフライパンで焼いて庄屋さんのネギ入りのピリ辛ののりをつけて庭からとって来た山椒の若葉をのせていただくと格別でした。

庄屋さんののり入りホワイトソース
ほうれん草のレシピはいつも茹でて胡麻和えか、かつお節をかけてシンプルに食べていたのですが、今日は,ホワイトソースに平水のねぎ入りのピリ辛な庄屋さんののりをまぜて頂きました。


わさび菜とツナのマヨネーズ和え
わさび菜に塩小さじ1をふって混ぜ、しんなりしたら水で洗って水けを絞っておきます。マヨネーズ大さじ2〜3、庄屋さんののりを入れて混ぜ合わせ、ツナ缶のツナをしんなりしたワサビ菜にのせすべて混ぜ合わせていただきました。新鮮でシャキシャキ感のあるわさび菜のマヨのり、庄屋さんのビリから海苔とマヨのまろやかさで美味しさ倍増です。

モロヘイヤ納豆
モロヘイヤの茎は固いので、葉っぱをむしって熱湯に塩を少し入れて、さっと茹でて良く水を切ります。まな板の上で細かく刻むと、ネバネバ感がでてきます。納豆を加えてさらに刻み、 そこに庄屋さんののり、ねぎ入りピリ辛を混ぜれば出来上り。ミョウガを沢山刻んでまぜ、お好みでお醤油をかけても美味しいです。

オクラのピリ辛豚肉ロール焼き
まずオクラはヘタとガクを取り、塩少々をまぶして板ずりし、さっと洗ってゆで、水をとって置きます。 豚肉はしょうがの絞り汁をまぶして下味をつけ広げて、庄屋さんののりを塗ってオクラをまきます。
フライパンにサラダ油を熱し、巻いた豚肉を並べ、回りが焼き色がつくまで炒めます。酒をふり、ふたをして2分ほど蒸し焼きにして出来上り。食べ安く半分に切ってレモンをかけて食べました。 庄屋さんのねぎ入りのりをぬって挟み込んだオクラの豚肉ロール焼きは、ピリ辛で食欲注ぎますよ。お試しあれ!

ウナギの蒲焼きにのせて
1/うなぎの蒲焼きのたれは甘くて美味しいのですが、暑い時は辛い物が食べたくなる物です。そこでうなぎの上に庄屋さんののりをのせて食べると甘いタレとピリ辛の海苔の佃煮が絡み合い食欲を誘います。

寒ブリに庄屋さんののり
脂ののった美味しい寒ブリに大根おろしをつけ、ピリ辛の九州平水の庄屋さんののりをのせて頂きました。この頃の大根おろしって辛みがないですよね。そこにぴりっと辛いあのねぎ入りの庄屋さんののりを加えると又美味しく頂けます。