金のうにの美味しい食べ方

金のうにご飯に乗せるのが最高ですが、ここでは少し変わった食べ方を紹介します。






カジキマグロに金のうに
カジキマグロは脂肪が少ないので、刺身はもちろん照り焼き、バター焼き、かす漬け、煮付けが美味しいですが、もう一つ、焼いたカジキマグロの上に平水の上質な紫うにと新鮮なトビウオの卵に辛みを加えた『金のうに」をのせて食べるともうたまりません。辛みの利いた濃厚な粒うににトビウオの卵の食感が淡白なカジキマグロにぴったり!!

冷や奴に金のうに
冷たく冷えたお豆腐にミョウガ、大葉、生姜、それに庄屋さんのぴりっと辛い金のうにをのせた冷や奴。
ピリ辛風味が食欲をそそります。

ひじき焼き飯に金のうに
水でもどした、ひじきの水気をよく切ってごま油でいためて人参、椎茸の線きりと茹でた大豆をいれてダシとミリン、醤油、砂糖で味付けします。
焼き飯にひじきの煮物をまぜて卵を落とし栄養たっぷりのひじきの甘味のあるチャーハンの出来上り。それに、ピリ辛の平水の金のうにと平水の磯子キャビアと一緒に食べるとまた格別です。

シーフードパスタに金のうにを混ぜて
冷凍のシーフードミックス(小エビやイカの足、アサリ・ムール貝などが細かく混ざっているもの)と真っ赤に熟したトマトをつぶして混ぜ合わせてパスタソースを作りシーフフードスパゲッティの出来上がりです。タバスコの代わりに平水の磯っ子キャビアと庄屋さんの唐辛子入り雲丹を加えてみましたら、魚介類の香りが引き立ち、その上、ピリ辛さに美味しさが加わり、もうタバスコさよなら。平水の磯っ子キャビアと庄屋さんの唐辛子入り雲丹を食べる直前に加えて下さいね。

ゴーヤの炒め物に金のうに
ゴーヤを縦半分に切り、タネをスプーンでワタをこそぎ取り、薄切りにして苦みをおえる為に塩水の中につけておく。木綿豆腐をキッチンペーパーに包んで重しをして水切りしておく。 フライパンにごま油をひき、塩コショウした豚薄切り肉をみじん切りのガーリックと一緒に炒め、良く水を切ったゴーヤをいれセロリの葉,しめじなどを細かく切って炒め、その中に水切りした豆腐を手でちぎって混ぜ、色がつくまで炒め鍋肌に醤油をたらし塩コショウして後は溶き卵を加えるだけです。 少し辛みが欲しいときは、庄屋さんの唐辛子入り雲丹を添えれば、味格別、夏バテの疲労回復に一番です。

パスタに
あたためたフライパンに油を引いて細切りにした新鮮ないかをいれ下味に塩胡椒を少しふっていためます。 そこへ白ワインを適量加えて下さい。ひと煮たちしたところで塩胡椒で味を整え『金のうに』を適量とアルデンテに茹でたパスタを加え良く混ぜ火を止めます。 味を見て薄いようなら塩胡椒で整えて下さい。

手巻き寿司に
『金のうに』を手巻寿司の具にしてみましょう。錦糸卵なども良く合います。1/2カップのマヨネーズを加えその中にアメリカンピックルスを混ぜ合わせて、たっぷり作っておきます。パセリもみじん切りにして加えると風味もでて良いし、また平水の磯子キャビアを少し混ぜ合わせるとピリ辛と磯の香りが加わり一層美味しくなります。

『金のうに』卵焼き
普通に卵焼を作るときの要領で、暖めたフライパンに3分の1の卵をいれ、軽く火がとおるまで弱火で焼きます。
ある程度火がとおったら、真ん中に横に線を引くように、お好みのだけの『金のうに』を置きます。
お好みに焼けたら、フライパンの向こう側から『金のうに』を巻ながら手前までもってきてきちんと巻けたら向こうの端に卵焼きを押し手前の空いた部分に卵をいれます。火がとおったら、又向こうから巻いてきます。 お好みで卵に少し砂糖を加えてもいいでしょう。
焼き上がったら熱々を食卓へ、上から薄く削った鰹ぶしをかけてもおいしく頂けます。