春爛漫、平尾水産のある北九州ではお花見日和が続いています。桜吹雪の中、いよいよ新年度がスタートしましたね。春休みの期間に、昨日のエイプリルフールを楽しんだ方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、新しいことに関心を持ったり、話題やインスタ映えのきっかけになれるようなパンのレシピをご紹介します。

”トーストアート”といえば、ミニオンやアンパンマンやスヌーピー等、キャラクターをパンにイラストしたような楽しいものも沢山あるみたいです。今回はヒラスイらしく、和風の市松模様を、簡単でシンプルに食パンとチーズで作ってみました。

トーストアート◆赤の市松模様を「庄屋さんのうに」で◆

庄屋さんの雲丹をパンに塗って、正方形に切ったチーズを、並べて焼けば完成。

楽しいパンレシピ◆定番の黒の市松模様を「庄屋さんののり」で再現◆

庄屋さんののりがあればチーズとのコラボレーションで黒い松模様も出来ます。

庄屋さんの雲丹はピリ辛・激辛大好きの方におススメです。パンに塗る庄屋さんの雲丹の分量で辛さを調整してください。庄屋さんののりも若干、辛い食べ物になるかもしれませんが、塗る加減で磯の風味がして絶品です。どちらも和トースト。和のデザインを見た目にも楽しめます。九州珍味、ひらすい商品を、彩るおかずとして食べていただく一品のご紹介でした。

直営オンラインショップでのご注文はこちら

※「直営オンラインショップでのご注文はこちら」のボタンをクリックすると「ヒラスイオンライショップ」へと移動します。