キレイは内側から。 外食による食品添加物を避け、キレイな食を心がけるなら、 お昼ご飯は断然、手作りのお弁当ですよね。

冷めても美味しいチキンの照り焼きは、私もお弁当のおかずの定番。 そこに今日は、ミネラルと旨味をプラスできるアイテムを使って、少し雰囲気の違う照り焼きをご 紹介します♪

\\がっつりチキンの旨辛照り焼き//

お弁当のおかず味はもちろん、実は宅飲みにもバッチリ合うのです☆
 私の家族も大好きなメニューの一つ。ぜひ一度は作ってみて!

材料

  • 庄屋さんの昆布
  • 鶏もも肉
  • 白ネギ
  • 玉ねぎ
  • 人参
  • 醤油
  • みりん
  • 一味唐辛子
  • お好みでしょうが

作り方

  1. 白ネギは斜め切りに。玉ねぎと人参も適当な大きさに切っておきます。
  2. フライパンに油をひき、(生姜を入れる場合はここで入れます。)強火で鳥もも肉の外側に焼 き目をつけます。
  3. 外側に少し焦げ目がついたら中火から弱火に落とし、お野菜をずべて投入。
  4. 醤油、みりん、庄屋さんの昆布を入れ、満遍なくあえて味をみます。辛さが足りなければ一味 唐辛子を少し足してみてくださいね。
  5. 鶏肉に火が通っているのをチェックし、汁気がなくなるまで焼いて出来上がりです。

お弁当ではなくお家でいただく時なら、庄屋さんの昆布と調味料を全て合わせ、鶏肉を大きいま まで1時間ほど漬け込んでから焼くと、見た目も華やかになってオススメ!焼いた後のプライパン でお野菜を調理すると、味がつきますね^^

要になる「庄屋さんの昆布」の詳細はこちらから。 

ご購入はこちら〜